この漫画読んでいます☆1 ~HUNTER×HUNTER~

 

HUNTER×HUNTER

メモ観賞したモノメモ
☆単行本5巻まで。以降30巻~35巻
/ アニメ(2011年版)会長選挙、アルカ編まで

平成30年6月記載

 
ストーリー☆概要

主人公の少年、ゴン=フリークスによる冒険アドベンチャー。

まだ見ぬ父親 ジンに憧れ、その背中を追い、父が自分を置いてまで進んだ『HUNTER(ハンター)』という職を目指し、故郷のくじら島からゴン(12歳少し前)が旅立つ所から話は始まる。

 

ストーリーは大まかに分けると

  1. ハンター試験編
  2. ゾルディック家編
  3. 天空闘技場編
  4. ヨークシン編(幻影旅団編)
  5. グリードアイランド(G.I)編
  6. キメラ=アント編
  7. 会長選挙、アルカ編
  8. 暗黒大陸編

単行本未収録の「クラピカ追憶編(劇場版限定コミック)」となっている。

 

【漫画全巻セット】☆保証付。【中古】HUNTER×HUNTER ハンター×ハンター (1-35巻 )【中古本】

価格:9,498円
(2018/6/2 14:22時点)
感想(5件)

この漫画☆良いトコロOK

『HUNTER』という職に魅了され、そこで出逢う人々の人間模様や思惑が 壮大に交差する、そのドラマチックな展開からひと時も目が離せない。

  1. 物語の演出がとても綿密に計算されている。
    右差し概要で述べた第1~8編の物語全てに 起承転結があり、編事に物語は終結しているが、あらゆる章に多岐に渡る伏線が貼ってあり、『HUNTER×HUNTER』という漫画を構成する上では、どの章も欠けてはならないピースとなっている。

     

  2. 登場キャラは非常に多いにも掛からず、背景がとても確りと出来ているが故、キャラに感情移入し易く、物語に惹き込まれる。
     右差し悪キャラといえど人気の高い、ヒソカや幻影旅団が良い例である。※ブログ主はキルア推しw

     

  3. とにかく目まぐるしい程のキャラ人数だが、名前が割と適当なので、案外覚えやすい。
    右差しキメラ=アント編に出てくる、モラウ、ノヴ率いる弟子達の討伐隊。その名もナックル、シュート、パーム…って(-_-;) 野球かっ、しかも球種か∑(゚д゚;)

     

☆スポンサーリンク☆

 

 

ブログ主☆見応えシーンOK
  1. 天空闘技場編より
    ベルゴンvsヒソカ

      右差しハンター試験で受けた屈辱の借りにカタをつけるべく、ゴンがヒソカと戦うシーン。ヒソカに言われた「一発でも自分を殴れたら受け取る」という言葉を胸に、返せなかったネームプレートを握りしめ、圧倒的強さを誇るヒソカの顔面に一撃を放ったゴンの姿は圧巻。

     興奮度  チューチューチュー(3/5)

     
  2. ヨークシン編(幻影旅団編)より
    ベルクラピカvsウボォーギン

     右差しクルタ族殺戮の主犯、幻影旅団に復讐を誓うクラピカが、捉えた旅団メンバーを初めて手に掛けるシーン。クラピカの激しい復讐心が理性を上回り、ウボォーギンに手を下すもののそこに達成感などなく、人を殺めた虚しさや苦しさがリアルに伝わってくる、物悲しいシーンとなっている。

     興奮度  チューチューチュー(3/5) 

    f:id:mininatan:20180602131841j:plain

  3. ヨークシン編(幻影旅団編)より
    ベルジルバ、ゼノvsクロロ

     右差し暗殺一家ゾルディック家当主、ジルバ(キルアの父)とゼノ(キルアの祖父)が十老頭より受けたクロロ暗殺依頼を遂行すべく、幻影旅団団長の命を狙うシーン。暗殺一家とは思えぬほど真正面から激闘を展開するジルバ、ゼノ。対して一歩引きながらも反撃のチャンスを窺い二人の攻撃を辛うじて交わすクロロとの戦いは、高揚感を押さえる事の出来ないシーンに仕上がっている。

     興奮度  チューチューチューチュー(4/5) 

    f:id:mininatan:20180602125811j:plain

  4. グリードアイランド(G.I)編より
    ベルゴンチームvsレイザー

     右差しSSランクの指定ポケットカード『一坪の海岸線』をゲットすべく、「レイザーと14人の悪魔」にスポーツ対決で挑むゴン達。
     何といってもメインは、最終種目であるドッジボール対決。
     ゴンの父、ジンの「もし(オレの)息子が来たら絶対に手加減するな」との伝言を忠実に守り、殺す気で放たれるレイザーのボールにゴン、キルア、ヒソカ、ビスケ、ゴレイヌ、ツェズゲラが立ち向かう! …いやツェズゲラはあっけなく、戦闘不能になったのだが(-_-;)
     
     ひらめき電球この戦闘シーンでの見所は、ゴンとキルアの深い繋がり。

     ゴンの強化系必殺技「グー」で放たれる強烈な威力のドッチボールは、キルアの支えがあってこそ。しかし幾度も支えたキルアの手はすでにボロボロ…しかしゴンの為、キルアは知らぬ顔でその手を差し出すも、ツェズゲラに限界なのを指摘され焦る。そんなキルアの姿を見、ゴンが放った言葉「知っていたよ。だけどキルアじゃなきゃダメなんだ(全力が出せないんだ)」に、暗殺一家として育ち感情を無くした筈のキルアの心の奥が熱くなる。涙、涙の感動シーン間違いなし。

     興奮度  チューチューチューチューチュー(5/5) 

    f:id:mininatan:20180602133619j:plain

  5. キメラ=アント編より
    ベルキルアvsイカルゴ

     右差し人間を糧にする巨大蟻、キメラアント討伐隊に志願したゴンとキルア。先行隊メンバーのナックル、シュートによって救出されたカイトの変わり果てた姿に、激しい怒りを覚え、キルアの心を置きざりに1人で突っ走るゴン。そんなゴンに悲しさや怒りを覚えるも、自分の任務を遂行すべく、ゴンと別れた先に出逢ったキメラアント、イカルゴとの戦闘シーン。

     ひらめき電球この戦闘シーンでの見所は、敵同士でも己の信念が通じる者同士であれば心は惹かれ合うという事。

     
    そんな絆生まれる戦闘シーンは、殺伐と進むキメラアント編の展開において、心のオアシスといっても過言ではない!

      興奮度  チューチュー(2/5) 

    f:id:mininatan:20180602134948j:plain

  6. キメラ=アント編より
    ベル幻影旅団vsザザン隊

      右差し流星街に巣食うキメラアントを討伐すべく、流星街出身である幻影旅団の初代メンバー「シャルナーク」「ボノレノフ」「フィンクス」「シズク」「フェイタン」そして「カルト」がキメラアント隊とそれぞれ一騎打ちの激戦を繰り広げる様は興奮する。幻影旅団=絶対悪のイメージが崩れ去る回でもある。

     ひらめき電球やはり見所は、フェイタンvs女王ザザン

     
    ヨークシン編では活躍の無かったフェイタンの念能力「ペインパッカー」。サドスティックなフェイタンらしい能力である(笑)

     個人的にはシズクの一騎打ちシーンもお気に入りw

     興奮度 チューチューチューチュー(4/5) 

    f:id:mininatan:20180602115850j:plain

  7. 会長選挙、アルカ編より
    ベルキルアvsイルミ

     右差し自暴自棄化での制約と誓約でネフェルピトーを倒したゴン。しかしその代償はあまりにも大きく、ゴンは瀕死の状態になる。除念師というレベル等では彼を助けられないと悟ったキルアは、ゾルデック家の禁忌、どんな願いをも実現するという「ナニカ」をゴンの元へと連れて来るべく、それを阻止する兄、イルミと対峙する。

     ひらめき電球見所は、衝撃のラスト。

     
    キルアの弟(?妹にしか見えないが)、アルカの中に棲む「ナニカ」。ナニカの能力利用の代価は途轍もなく大きく、奇跡を起こすレベルのゴンの治癒を試みようとするキルアに、ゾルデック一族全ての命でも足りないであろう「おねだり」代償を恐れた兄イルミが、「家族内指令(インナー・ミッション)」を言い渡す。イルミの、アルカの殺害ミッションを突き付けられたキルアは、ゴンの為そして自分自身の為、アルカを守り抜く決意を胸に瀕死のゴンの元へとアルカを連れて急ぐ。

     この「途轍もなく大きい『おねだり』の代償」を最後どう落とすのか、気が気でなく見ていたブログ主だが、そう来るのか∑(゚д゚;)という形で決着がつく。

     冨樫先生はいつも予想もつかぬ展開で、読者を驚かせてくれる。
     
     興奮度 チューチューチューチューチュー(5/5)

    f:id:mininatan:20180602124342j:plain

ブログ主☆トラウマシーンドクロ

HUNTER×HUNTERは残酷で容赦のない展開が多い漫画である。特にキメラアント編ではこれまで以上に過激な描写が描かれた。よって精神ダメージがハンパないシーンの事を「トラウマシーン」と呼んでいる。

  1. ヨークシン編(幻影旅団編)より
    ドクロ幻影旅団のオークション会場のマフィア虐殺

     右差し相手がマフィアとは云え、己の私利私欲の為に いともアッサリ虐殺していく幻影旅団の姿には、得も知れぬ悲歎な思いに心が締め付けられる。
     ※某漫画「北〇の拳」での悪虐殺シーンなんかは、不思議と受け入れられるのだか(^_^;)

     悲惨指数 えーんえーんえーん(3/5)

     

  2. キメラ=アント編より
    ドクロポンズ、敵に銃で撃たれ死亡

     右差しハンター試験編でゴンと苦楽を共にした、あのポンズですよ!? あのポンズがあんな悲惨な死に目に合うなんて(T-T)
     ※それ以前にこのシーンの少し前にあった幼き兄妹の残虐場面にて…すでに精神崩壊していたブログ主(-_-;)
     
     悲惨指数 えーんえーんえーんえーん(4/5)

    f:id:mininatan:20180602114028j:plain

  3. キメラ=アント編より
    ドクロポックル何とか生き延び隠れるも、ネフェルピトーに見つかり、念能力を調べたいピトーに脳をいじられ…のちに廃棄、肉団子に…

     右差しポンズについで、ポックルまでもっっ(T-T)
     冨樫先生っ、アナタの心には神も仏も無いのですかっ(。ノω\。)゚・。
     ブログ主はこのシーンのお陰で、ミートボールまでもがトラウマに…。
     
     悲惨指数 えーんえーんえーんえーん(4/5) 

    f:id:mininatan:20180602122000j:plain

  4. キメラ=アント編より
    ドクロカイト、ネフェルピトーにやられる…

     右差しカイトの生を心から信じ、ハンター協会のキメラアント討伐隊に加わろうとするゴンの思いと並行に、たった一コマで打ち出される真実。
     いくらなんでも、そのカイトの斬首シーンは惨すぎるorz

     悲惨指数 えーんえーんえーんえーんえーん(5/5)

    f:id:mininatan:20180602120724j:plain

  5. 会長選挙、アルカ編より
    ドクロゴトー、ヒソカにやられる(首チョンパ)

     右差しヒソカが悪で、絶大な強さを持っている事は十二分に知っていたが!? だからと言ってあのゾルディック家において、キルアの良き執事で優秀でもあったゴトーをいともあっさりとチーンチーン。 
     しかもアルカ編最後のシーン、ゴトーの墓地に花を手向けるカナリアの背後から、顔を出すゴトー…いや、ゴトーに化けたキリコ(変幻魔獣)の姿を見た日には、ますます涙がちょちょぎれる(ToT)←アニメだけ?

     悲惨指数 えーんえーんえーん(3/5)

     

  6. 暗黒大陸編より
    ドクロシャルナークとコルトピ、ヒソカに殺害される…

     右差しいくらなんでも、あの幻影旅団のメンバーの殺害シーンが双方、各一コマずつで終わりって(ll゚д゚)ゴーン しかもシャルナーク殺害される直前のセリフが「コルトピ遅いなウンコか?」にも愕然。
     (※どうやらコルトピはウンコ中 シャルナークはウンコ待ち中に殺害された模様)
     
     悲惨指数 えーんえーんえーん(3/5) 

    f:id:mininatan:20180602112020j:plain

  7. クラピカ追憶編(劇場版限定コミック)より
    ドクロ冨樫先生への質疑応答
    「今後クラピカは、幻影旅団はどうなるのでしょうか?」
    ドクロ冨樫先生
    「全員死にます」

     幻影旅団はともかく、クラピカは考え直して下さいっっ!!冨樫先生!! クラピカのそんなシーンが来た日には、HUNTER×HUNTER愛読家の我が一家、一週間は精神崩壊致します(ToT)
     
     悲惨指数 えーんえーんえーんえーんえーんえーんえーんえーんえーんえーん(10/5)

    f:id:mininatan:20180602141737j:plain

この漫画☆読むのに不向きなタイプはNG
      1. とにかく死人が多いので、ストーリーのマイナスオーラに中てられ易い人は止めておいた方が良い。
        右差しどんなに人気キャラだったとしても、ある日突然死亡なんて事は多々有。

         

      2. 作者、冨樫先生の身体が、HUNTER×HUNTERの最終回まで持つかどうか怪しいので、ラストを知らぬまま死んでしまった場合、未練で地縛霊になり兼ねない人は読むのは控えた方が良い
        右差しとにかく休載が多いので、自分が生きている間に最終回が拝めない可能性もある。例え最終回まで見れなかったとしても、潔く成仏出来るくらいの広い心根が必要。

 

☆スポンサーリンク☆

 

スポンサーリンク

漫画-NO-日記 by mininatan
(c)2018mininatan


更新は不定期ですが
宜しくお願い致します♪
NEWうさぎLINEスタンプ販売中NEW

その他のスタンプはこちら